7月の健康ごはん

ちょうど土用の入りの日でした。 陰陽五行説では、春・夏・秋・冬を木・火・金・水に

対応させ、土は季節と季節の間に当てはめました。

土用は、夏だけではなく、春も秋も冬もあります。

立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間を土用といいます。

次の季節に移るまでの調整期間です。

夏の土用は「う」のつくもの、黒いものを食べるのがよいとされているので、うなぎを食べるようになったようです。瓜でもいいみたい。 今回のごはんには 「う」なかったなぁ(笑)