目標を現実にするブレインジム


ブレインジム101の講座では

自分の身体や内面の感覚や感情に気づき、

自分のたどり着きたいところ(目標)をみつけて

そのためのバランスを調整していきます。


目標というものは自分が主役です。

他人のことは目標になりません。

「子どもの成績が良くなるように」なんていうことは目標ではありません。


そして目標は「掲げる」のではなくて

自分がゴールに向かって走り、テープを切るイメージ。


101の講座では目標設定にしっかり取り組みます。

その目標が自分にとって最適か、確かめる方法もあるのです。


先日の講座の中で、

受講生のお一人が目標をしぼりだしました。

一見とてもいい目標なのですが、

なぜか確認すると最適とならない。


何度か言葉を変えているうちに

気づきました。


やりたいことのための目標なのに

それには他人が絡み、

どうしても他人の都合を考えてしまっていたということに。


人のスペースで人に合わせてやるのではなく、

自分のスペースで自分のペースでやる!

と、目標を作り変えると、

スッキリと前向きな目標となり、チャレンジするモチベーションも湧いてきました。


今まで少しは考えていても

実行に移すところまではいかなかったことが、

目標設定という作業から

現実にしていくということにたどり着いたのです。

大きな大きな変化です。


ぼやけていた視界が開けて

明るさの中に 目指すものがハッキリと見える。

「ムリ」と思っていたことが 無理ではなくなり、

大きな壁ではなく 飛び越えるハードルとなる。

脳がイメージを明確にして、現実を動かす感覚を得る。


脳はイメージを現実化するための器官 

身体は実際に現実を作り出す道具


アタマとカラダをつなげる


ブレインジムの講座は

そんなことも学びの一つです。