ヴィジョンサークルって・・・。

お彼岸の真最中、ビジョン・サークルという講座でした。

私はこの講座をいろんな先生から7回も受講しています。

初めての受講は2009年。

ブレインジムのインストラクターになるため必須講座だったので

京都まで行って受講。

その時は何が何だかわからず、混乱してとても苦しかった。

その後も受講のたびにちょっとした苦手感を感じつつ、

受講を重ねていくごとに、 毎回「なるほど!!そういうことか!!」と気づくことが増えていきました。

何?  何に気づくのか・・・?


ビジョン・サークルは生まれた時からの発達段階を8つのサークルに分け、

その時の視点から遊びを通して自分を観察していく講座です。

生まれた自分がいろいろなものを見て、感じてだんだんに成長していき、 周りの人や環境とも対応していき、社会の中で協調して、自分の目指すところ(ビジョン)を明確にしていくまでの大きな流れ。

そしてその時の自分にとって必要なエクササイズをして

なにかしらの変化に気づく講座なのです。

例えば、自分の苦手と感じていたことの原点とか。

それはなかなかの感動です。気づくと脳は修正されていく・・・。


教育キネシオロジーの創始者のポールさんは81才。

こどもの頃ご自身が学習障がいでした。

4年生の時の担任の先生が

「この子はみんなと同じ方法では学べない」ことに気づいてくれました。

そして、体験から学ぶという方法で、ポールさんに身体を使っての経験を提供したのです。

すると眠っていた彼の能力がメキメキと開花しました。、

ポールさんは教育学の博士となり、同じように学びに苦しむ人たちのために読書センターを立ち上げ、

教育キネシオロジーを確立していったのです。

ダンサーであり、アーチストである奥様のゲイルと共に。


ゲイルさんが携わっているビジョンサークルのエクササイズは ひとつひとつが物語のようだと感じます。

ブレインジムも完成されていて素晴らしい。脳からの指令で身体は動く。 逆に身体からの伝達で脳を動かすというもの。ブレインジムも大好き。

ビジョンジムは物語。詩的。

右脳がうずうずする~。(個人的感想です)


こんなすごいことを50年も前から取り組んでいたお二人は天才。

キネシオロジーを考え出した方たちも天才。


そんなことを学べることはほんとに幸せなことです。


教育キネシオロジー もっと皆さんに伝える機会を増やします。